仙台の夜はサライのハイボールから。まずは100のハイボールを制覇して、ハイボールマスターになろう!

肴・ハイボールBARサライ 022-221-6661 仙台市青葉区一番町4-3-1菅原酒店ビル6F

ハイボールバーですが、店長の趣味によりジンがなんだか増えてきてます。

そう、サライハイボールBARです。

ハイボールといえば、やっぱりウイスキー・ソーダのイメージが強いですよね。

そうなんですが…ちょっとジンが増えてきてます(・∀・)

だって、夏はジン・トニックとかいいじゃないですかっ!

ということで、今サライにあるジンをご紹介♪

 

f:id:highballbar_saray:20170605190814j:plain

ボンベイ・サファイア

10種類のボタニカルに由来する華やかな香りと味わいが人気ですね。

 

ボンベイシリーズは他にボンベイ・ドライ》ボンベイイースト》もあります♪

f:id:highballbar_saray:20170605190757j:plainf:id:highballbar_saray:20170605190825j:plain

 

タンカレー ロンドン ドライジン》

f:id:highballbar_saray:20170605191553p:plain

製法を知っているのは世界に6人だけとか…

そして、No.10はないけどタンカレー ラングプール》はあるんです(笑)

f:id:highballbar_saray:20170605191651j:plain

ラングプールの香りとジンジャーのスパイシーな香りがステキなジン。

 

私にとってはド定番のビーフィーター

使いやすくて好きです。

f:id:highballbar_saray:20170605190838j:plain

 

ドイツのジンも…

《MONKEY 47》

f:id:highballbar_saray:20170605193125j:plain

47種類ものボタニカル。薬品瓶のような佇まいがカワイイ。

先日このMONKEY47のスロージンも入荷しました(^^♪

 

《シップスミス VJOP #2》

2009年に創業したクラフト蒸留所。

「最高のジントニックのためのジン」とか…

個性的なラベルも目を引きます。

f:id:highballbar_saray:20170605193444j:plain

 

フランスからは《エギュベル ジン》プロバンス地方のトラピスト派エギュベル修道院で造られるこのジンは柑橘系やバラ系の甘い香りと風味。

f:id:highballbar_saray:20170605193920j:plain

 

そして。

我らが日本から

f:id:highballbar_saray:20170605194249j:plain

《季の美 京都ドライジン》

ライススピリッツに伏見の名水、山椒や柚子、ヒノキ、緑茶などの和のボタニカル。

いや、これはおいしいですね。

ストレートで頂きたいです。

季の美ドライジンから更に緑茶の香りをたっぷり引き出した

《季のTEA ドライジン》が登場!

f:id:highballbar_saray:20170605195144j:plain

ふわっと、すごく緑茶。そのあとにふんわり柑橘。そして余韻も緑茶。

これまた美味しいジンが届きました♪

 

 

さて。何種類…?

ボンベイ・サファイア
ボンベイ ドライ
ボンベイ イース

ビーフィーター

タンカレー ドライジン
タンカレー ラングプール

○MONKEY47

○シップスミスVJOP#2

○エギュベル ジン

○季の美 京都ドライジン
○季のTEA 京都ドライジン

 

なんとまあ、11種類(笑)

ジントニックジンライム、もちろん銘柄指定できます(o・ω・o)

 

さて、そんなハイボールBARサライは本日もハイボール日和でございますm(_ _)m

 

 

肴・ハイボールBARサライ

宮城県仙台市青葉区一番町4-3-1菅原酒店ビル6F

022-221-6661

 

牡蠣にラフロイグを。OYSTER×Laphroaig

f:id:highballbar_saray:20170517200114j:plain

宮城県

殻付き牡蠣を蒸して。

そして、ラフロイグ

 

僕はそれを実行してみた。
レストランで生牡蠣の皿といっしょにダブルのシングルモルトを注文し、
殻の中の牡蠣にとくとくと垂らし、そのまま口に運ぶ。
うーん。いや、これがたまらなくうまい。
牡蠣の潮くささと、アイラ・ウイスキーのあの個性的な、海霧のような煙っぽさが、
口の中でとろりと和合するのだ。
どちらが寄るでもなく、どちらが受けるのでもなく、
そう、まるで伝説のトリスタンとイゾルデのように。
それから僕は、殻の中に残った汁とウイスキーの混じったものを、ぐいと飲む。

 

「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」村上春樹

 

 アイラ島名物「牡蠣のボウモアがけ」

ボウモア蒸留所を訪れた観光客の間で定番になりつつある、とっておきのボウモアの楽しみ方が牡蠣にボウモアをかけて食べることなんだそう。

牡蠣にはボウモア!のイメージが強いのですが…

サライでは「ラフロイグ クォーターカスク」をかけるんです。

ラフロイグのスモーキーな部分が牡蠣ならではの磯の香りと見事に調和します。

 

お席で蒸し上げ、仕上げにラフロイグをたらり。

かぐわしい香りがふわぁっと広がります。

 

OYSTER×Laphroaig

お試しあれ。

www.suntory.co.jp

 

肴・ハイボールBAR サライ

022-221-6661

宮城県仙台市青葉区一番町4-3-1 菅原酒店ビル6階
(一番町ディズニーストア向かいのタバコ屋さんのビル)

 

春はやっぱりいちご!だから、イチゴを漬け込んだウイスキーのハイボールはじめました。

f:id:highballbar_saray:20170512213523j:plain

そう、イチゴなんです。

やっぱり皆さんイチゴ、好きですよねぇ。

だから、久々に復活させてみました。

イチゴの漬け込みウイスキーハイボール

イチゴの香りムンムンのウイスキー、完成です(`・ω・´)

 

残念ながら、佐治はイチゴが食せません。

好き嫌いじゃないんです。

離乳食の頃から食べられなかったそうです。

 

小学生の頃、毎年始業式の日に

『この子にイチゴとバナナを与えないでください』

と母が連絡帳に書いてくれました。

 

あ、バナナも食べられません。

 

そんな佐治が作りましたが、とっても好評を頂き一安心。

 

ついでにコンフィチュールも作ってみました。

 

味見なし、一発本番。

イチゴの重量に対して40%の重さのグラニュー糖でお試し。

 

一発成功!

 

さすがですね(*ノω・*)テヘ

自画自賛(呆

 

f:id:highballbar_saray:20170512214201j:plain

 

さあ、イチゴにまみれてください。

 

次回はグレープフルーツあたりを検討中です♪

 

 

肴・ハイボールBAR サライ

022-221-6661

宮城県仙台市青葉区一番町4-3-1菅原酒店ビル6階

www.hotpepper.jp

https://www.facebook.com/kaisyokuichibasaray/